非常に低い合格率

非常に低い合格率

非常に低い合格率 少子化が叫ばれている昨今では、近い将来に大学全入時代が到来するとも言われています。
けれど医学部においては全くそのような傾向は無く、むしろ少子化であるにも関わらず倍率が上昇し続けている状態です。
日本での医学部の定員数は約9400人ですが、この数年は約13万人もの受験生が合格を目指して受験しています。
医師になるためには、医学部に合格するしか道はありません。倍率は平均して約14倍にもなりますし、私立大学では更に高い倍率になることが最早当たり前になっています。
そのため合格率は非常に低くなっていて、7%とも言われているほどの難関です。司法試験の合格率が約25%ですので、いかに合格することが難しいかが分かります。
合格するためには、どんな試験科目でもミスを最小限にすることが出来る学力や精神力、体力も必要です。
さらに私立大学では小論文や面接も行われるところもあり、コミュニケーション力も必要とされるところもあります。

難易度の高い医学部受験は努力が欠かせません

難易度の高い医学部受験は努力が欠かせません 少子化が進み、大学入学はさほど困難ではなくなってきていると言っても過言ではありません。けれど医学部だけは別で、年々倍率が上昇し続け非常に難易度が高いことに変わりはありません。
そのため受験生は、まさに血のにじむような努力で勉強し続けています。
けれど猛勉強を続けていても成績が上がらない時などは落ち込むはずですが、合格に努力は必ず必要です。生まれつき頭が良く、勉強しなくても良い成績を収めることが出来る人もいない訳ではありませんが、そのような人はごく稀だと言えます。
倍率が激化し続け、難易度も上昇し続けている昨今の医学部入試で合格を勝ち取るためには、毎日の猛勉強が欠かせません。
元々頭が良いからと勉強を怠っていては、猛勉強を積んでいる他のライバル達には勝つことは出来ないでしょう。
猛勉強を積むことで学力を身に付けることが出来るだけではなく、強靭な精神力も身に付きますので、合格を勝ち取ることが出来る可能性が高まります。